自称優良サイトには惑わされないようにする

インターネット上には出会い系サイトがたくさんありますが、無料出会い系サイトでも有料出会い系サイトでも、宣伝文句の頭には、優良サイトであることがよく謳われています。
自社サイトのことを優良だと褒めたたえることは、当たり前の行為ですから、別に問題ではありません。会員獲得の為には、少々大袈裟に宣伝することは自由です。
それにしても、であいけいかどうか、どこで見分ければ良いのでしょう。画面を見ただけで分かるものではないですよね。自社サイトの良い所を前面に出して、良い印象だけ与えるように作られています。馬鹿正直にデメリットを掲載するわけがありませんよね。でも、冷静であれば、ある程度は判別できると思いますよ。
例えば、どんなサイトでも、会社概要なるものがあるものです。それは完全無料出会い系でも同じですから、運営者名、所在地、利用規約、サイトポリシー、退会方法など、掲載されているのが常識です。
とりあえず、こういう情報がしっかり公開されているなら、優良出会い系サイトだと捉えて良いと思います。悪質サイトの場合は、会社の所在地も載っていない所もありますから、そういう所は登録しないようにして下さい。
つまり、優良サイトだと謳っていても、簡単に信用してはいけないということです。「優良」に規定があるわけではないのですから、結局のところ、自分が良いサイトだと思えば優良となりますが、詐欺まがいの自称優良サイトには、惑わされないようにして下さいね。

人をからかって面白がっているネカマ

今や「出会い系」とだけ検索エンジンにかけても、たちまち何ページにもわたって、出会い系サイトがヒットします。そのほとんどが無料の出会い系サイトだと思いますが、無料というのは、登録費や利用料など一切が不要ということです。このご時世、利用者にとっては有り難い話です。
彼らは広告収入を得て無料サイトを運営しているので、何か裏があるのではないかと勘ぐる必要はありませんよ。
一方、出会い系サイトには有料サイトもあります。ポイント制ですと、機能を使用するたびにポイント(=お金)が必要になるので、メール一通送信するだけでも、慎重にならざるを得ません。有料サイトでは、利用者から徴収した利用料が運営費となります。
このシステム故に、気を付けなければいけないことがあります。それはサクラの存在です。サイト側は利用者の利用頻度を増やすために、サクラを使うことがあります。早い話が女性会員の成り済ましです。自動返信する場合もありますが、そうでなければ、主婦がアルバイトでやっていたり、最悪の場合は男性ということもあります。そんなサクラ達といくらメール交換を続けていても、出会いは絶対ありません。
では、無料出会い系サイトのサクラ事情はどうかというと、そもそもメールの送受信に費用がかかっていないのですから、サクラが活躍する場所はありません。
ですから、無料出会い系サイトにはサクラはほとんどいないと言ってよいのではないでしょうか。しかし、利用者にお金を使わせることが目的ではなく、単に人をからかって面白がっているネカマなどがいないとは言えないので、サクラとは別に注意する必要がありますね。

出会いならミントC!Jメール
出会いならミントC!Jメール